スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

人力車-えびす屋

京都の観光地でよく見かける人力車。
人力車、えびす屋さんは京都は嵐山本店と東山店があります。

人力車と京都の景色はとっても似合っていて見かけると写真を撮りたくなります。

京都旅行-人力車-子供向け
(写真は夏)


私は観光地をよくママチャリで走り回っているのですが、人力車のイケメンお兄さん達はそんなママチャリの私にも素敵な笑顔で挨拶をしてくれはります(*^^*)

絶対乗車するはずのないママチャリなのにとても爽やかな笑顔です!



その人力車の素敵なお兄さんに、子供連れでの乗車について聞いてみたところ…。


⚫︎小学生までの幼児はママパパのお膝でOK。幼児無料。
⚫︎小学生からは大人料金、お膝は危ないので不可。
⚫︎ベビーカーは後ろにくくりつけられます。

との事でした。


写真撮ってもいいですか?って聞いたら、「荷物乗ってますけど、どうぞ」と快くokしてもらえました。

京都東山-えびすや




おすすめは、八坂神社、八坂の塔、清水寺などかある東山界隈。
坂も多くベビーカー移動も大変なので、京都の風情も楽しみつつ人力車移動も良いと思います。

花灯路-子供連れ-人力車




料金
大人1名 2000円~
大人2名 3000円~

大人2名+幼児1名 3000円~
 

幼児がお膝に乗るのは無料。小学生1名は大人料金だけど、小学生2名でも大人1名分で計算。でもお膝不可なので車は2台必要。
…丁寧に説明してもらったんですが、私は数字に弱いのでやや混乱していると…乗られる時にまた聞いて下さったらご案内しますよ(^^)とやはり笑顔で言ってもらいました。(申し訳なかったです> <)

子供は年齢や組み合わせによって料金設定が細かく変わるようです。



東山観光の花灯路、桜の時期など人力車に乗って観光案内もしてもらいつつ京都を楽しむのもおすすめ。

東山は本当に景観が良く私も大好きです。



東山で私の好きな場所…くくり猿で有名な八坂庚申堂や、
人力車-八坂庚申堂




八坂の塔。夕暮れの一瞬だけ金色です。
八坂の塔-法観寺-夕焼け



一度だけ子供連れで乗られてる方を見たことがありますが、お子さんは楽しそうに乗っておられました。
赤ちゃんでも車に乗ったら泣き止むくらいですから、子供も楽しめると思います。

空車が見つからない時は事務所に電話すると手配してもらえるそうです。
(京都東山店電話番号:075-533-0444 )


↓ブログランキング参加してます。
これからの励みに応援クリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ



■子連れおすすめポイント■
移動も兼ねて観光案内もしてもらえます。トークも軽快です。

■子連れ注意ポイント■
小学生~は大人料金。大人2名、小学1名でも2つの人力車に別れて乗車する事になるそうです。

観光向け:★★★★★
子供向け:★★★★☆
幼児向け:★★★★☆


【ベビーカー】可

【最寄り駅】京阪京都線「祇園四条」駅徒歩東へ15分くらいで人力車をよく見かけます。

【周辺の観光地】八坂神社、青蓮院、八坂の塔、八坂庚申堂、清水寺、建仁寺

※トイレは清水寺、八坂神社(常磐神殿)、安井金毘羅宮は洋式あり綺麗です。
※東山界隈のおむつ替えは八坂神社(常磐神殿)、清水寺。

【えびすや待機場所・八坂神社南門、周辺地図】


※待機場所は他にもあります。


京都東山店電話番号:075-533-0444
公式HP:http://www.ebisuya.com/



【周辺の子連れOKな宿泊施設】料理旅館「花楽」
八坂神社徒歩3分。
大浴場有。子供連れに嬉しいお部屋で食事OK。
駐車場無料のファミリープランあり(2014/3現在)

京都-旅館-赤ちゃん連れ-花楽

公式HP:http://www.karaku.com/rooms/
楽天トラベル-京都祇園「花楽」
じゃらん-京都祇園「花楽」




祇園・東山 | 【2014-03-17(Mon) 23:15:17】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 子連れ京都観光 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。