スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

嵐山オルゴール博物館

渡月橋周辺②の続きです。

嵐山オルゴール館に行ってきました。
ピエロがいる…
一瞬、人形に見えましたが本物のようです。

京都旅行-子供連れ




ピエロにおじけずく4歳姉。
「ちょっと怖い…」

京都旅行-赤ちゃん連れ




でも、近くに行くと優しく話しかけてもらって…
風船で何やら作り始めてくれました。

京都観光-オルゴール博物館-ピエロ




4歳姉にはくまさん。
「白いプーさんや~。」

京都観光-オルゴール博物館




2歳妹にはプードル。
「わんわん!わんわん!」

京都観光-オルゴール-風船アート

作り細かいです。さすがピエロさん。
子連れに優しくしてもらって、期待しつつ中へ。





館内は残念ながら撮影NG。
中はアンティークなカフェやお土産屋さん。


パンフレットの写真です。
オルゴール博物館
(クリックで拡大)



いかにも西洋な階段ががおしゃれでした。
階段を上がり入場料大人1人1000円を支払い中へ。(娘たちは未就学児なので無料)

係りの方に案内され一室へ。
その部屋は30人ほど座れそうな椅子が並んでいました。
椅子の周辺に大きな古いオルゴールが8個ほどならんでいます。
女性の解説員が1人。オルゴールの説明を1つずつ丁寧にして実際に音を鳴らしてくれます。お客さんは他に10名ほどおられました。

大きなオルゴール盤や、蓄音機のようなもの。
ゼンマイを巻くとオルゴールの音色とともに動く人形もあります。



パンフレットの写真です。
オルゴール博物館-パンフレット
(クリックで拡大)



演奏中なので小声で…

私「電気で動いてないのにすごい~な~。」
4歳姉「行こっか!」
私「えっ?!まだ説明の途中やん!」
2歳妹(椅子に上ったり下りたり…)
4歳姉「行こ~。」


まぁ、動くおもちゃっていっぱいあるし、電気で動いてないと言われても小さい子に感動はない訳で…。
小学校3年くらいの子がいてましたが、きちんとお話を聞いてはりました。

もう1つお部屋があって、そこはフランス人形が飾られてます。
ここはちょっと見てくれるかな~と思ったんですが、歴史ある人形におびえる娘達。

こちらも早々に退散して入館料を払ってから10分もいてなかったと思います(泣



1階のお土産屋さんは、実際にオルゴールのネジを巻いて音を聞いて…
幼児連れではこっちだけで充分だったのが正直な感想です。

嵐山で子ども向けの施設と言えばオルゴール館かな?と名前だけで思っていましたが入館料を払って入る場所は思った以上に大人向けでした。入口にいたピエロさんは良かったです。

※嵐山で授乳室はありません。詳しくはこちら「嵐山での授乳場所について」。


■子連れおすすめポイント■
雨の日に訪れる施設の1つとして、また保護者がアンティークな物に興味があれば楽しいと思います。
幼児連れは入館料を払わずお土産屋さんだけ楽しむほうがおすすめです。

■子連れ注意ポイント■
小学生以上のどちらかと言えば女の子向けです。
館内ベビーカーで向きではありません。
建物に入るのも階段、2階へも階段、内容も小学校前の小さい子には楽しめません。


観光向け:★★★☆☆
子供向け:★★☆☆☆
幼児向け:☆☆☆☆☆


【トイレ】あり
【ベビーカー】不可

【時間】午前10時~午後6時
【料金】大人1000円・小学生600円
【休館日】毎週火曜日

【駐車場】あり
【最寄り駅】
嵐電「嵐山」駅徒歩7分
JR「嵯峨嵐山」駅より徒歩7分
阪急「嵐山」駅より徒歩18分

【周辺の観光地】竹林の道、天龍寺、トロッコ嵯峨



【オルゴール博物館周辺地図】

大きな地図で見る


住所:〒616-8375 京都市右京区嵯峨天龍寺立石町1-28
電話番号:075-865-1020
公式HP:http://www.orgel-hall.com/museum/index.html


2013年11月京都宿泊-空室検索
楽天トラベル2013秋の旅行-紅葉シーズン空室検索



ご参考になったでしょうか。
↓これからの励みに応援クリックお願いします。
人気ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ


次は今回の嵐山観光のメイン!
天龍寺です。


嵯峨・嵐山・松尾 | 【2013-10-19(Sat) 23:47:52】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]
コメント
Takakoさん、こんにちは。
たびたびコメントを書きます。

実は、自分もここが大好きです。
2012年11月に取材したときには
ここに長くいすぎて、
南隣の法然寺が閉まってしまいました。
(仕方がないので、別日に取材し直しました)

とは言え、ここの学芸員のお話の大半は
「オルゴールやからくりの歴史」ですし、
時計仕掛けとオルゴールとの
関係性とかが面白いのは
一定年齢以上と思います。

たばこを吸うお猿さんとかお月さんが
勝手に動かせるなら事情が違うでしょうが、
そうでないなら小さい子には厳しいと思います。
2013-10-21 月  15:23:35 |  URL | ぴのぴな #- [編集]
ぴのぴなさん。コメントありがとうございます。

実はオルゴール館、初めて訪れました。
ぴのぴなさんは本当にあちこち訪問されてるんですね。
京都に住んでいながら私は本当に行った事のない京都ばかりで
いつもぴのぴなさんに色々と教えて頂けて嬉しいです。

当初は渡月橋を見て天龍寺だけ、と思って行ったのですが、
お寺だけでは子供向けではないかなぁ…と思い急きょオルゴール館も行ってみました。

本当に名前と違い、大人向けな場所ですね。
早々に出たのでたばこを吸うお猿さんがいるとは知りませんでした。

また大きくなった頃、訪れられたらと思います。



2013-10-21 月  22:28:52 |  URL | Takako #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 子連れ京都観光 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。