スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

平安神宮-神苑

平安神宮の神苑(お庭)へ行ってきました。
入口は白虎楼(西側)から。拝観料は大人1人600円です。

子連れ平安神宮-神苑入口





最初にあるのは八重枝垂れ桜の名所、南神苑。
お姉ちゃんが楽しそうに階段を駆け下りていきました。

平安神宮-南神苑-子供連れ
(ベビーカーでも行けない事はないですが、他にも段差がある場所は多かったです。)




庭園に電車。

京都観光-赤ちゃん連れ

日本最古の電車で明治時代に京都の町を運行していたそうです。
娘としては古いとかは関係なく乗れないので少し残念そうでした^^;




西神苑の池。清々しいです。

京都旅行-子供向け

こちらは5月の花菖蒲の季節が有名です。
今はわずかに睡蓮の花が咲いていました。





木々の中。トトロを歌いながら上機嫌で散策中。

京都観光-庭園




そして暗い小道を抜けると、中神苑の池が…
この路が開けた瞬間がいいですね。

京都旅行-子ども連れ

お姉ちゃんは分かれ道で「どちらにしようかな…」をしてます。





中神苑にある臥龍橋(がりゅうきょう)
うねりのある飛び石が龍を表しています。
空の雲が池に写り込み、橋を渡るとまるで龍の背中に乗りながら雲の上を泳ぐ。そんな情景を味わえるそうです。

臥龍橋-がりゅうきょう





最初は手を繋いで…

京都-庭園





慣れてきたら楽しそう♪

子ども連れ-京都観光

この飛び石は豊臣秀吉が鴨川にかけた五条大橋と三条大橋を支えた石柱が使われています。






そして1番広い東神苑。桜の季節、写真でよく見かける栖鳳池の景色です!

東神苑-平安神宮

泰平閣も。

東神苑-泰平閣

南神苑以外の作庭は近代庭園の先駆者、小川治兵衛。





泰平閣の回廊からゆっくりお庭を眺めます。

平安神宮観光





シラサギ発見!

白鷺-泰平閣からの風景






色づいている木々もありましたが本格的な紅葉はもう少し先でしょうか(訪問は10/27)

平安神宮-紅葉

「京都は古いものばかりで子供連れに向かない」とかよく言われますが、とんでもないです。
京都の庭園には美しい自然が沢山です。
子どもは大人以上に自然大好きなので、池で鯉を見たり美しい庭園で色づく葉を一緒に探しながら散策してとても楽しめました。



■子連れおすすめポイント■
所要時間は30分~です。
池のあるお庭は鯉や亀もいてるし、橋もいっぱい渡るし子どもと一緒に京都を楽しく感じられる素敵なお庭です。

■子連れ注意ポイント■
近隣の動物園を訪れてからだと体力的にもしんどいので合わせて観光される場合は平安神宮を先に訪れられる事をお勧めします。


観光向け:★★★★★
子供向け:★★★★☆
幼児向け:★★★☆☆

【トイレ】あり
【ベビーカー】いちおう可

【時間】午前8時30分~午後4時30分(午後5時に退苑)(11/1~12/30)
行事や時期により参拝時間は細かく変わります。
詳しくは公式HP:http://www.heianjingu.or.jp/11/0101.html

【料金】大人600円・小人300円(未就学児は無料)

【駐車場】あり
【駐輪場】あり
【最寄り駅】地下鉄東西線「東山」駅徒歩13分

【周辺の観光地】京都市動物園、京都市美術館。

※神苑内のトイレは和式のみです。
※ベビーカーは持ち上げて行けますが、段差はあり。
※自転車は応天門の西の端に置けます。
※駐車場は岡崎地下駐車場(1時間500円)を利用。


【平安神宮周辺地図】

大きな地図で見る

住所:〒606-8341 京都市左京区岡崎西天王町
電話番号:075-761-0221 
公式HP:http://www.heianjingu.or.jp/index.html


【平安神宮周辺のおすすめ宿泊施設】
ウェスティン都ホテル。 岡崎周辺に宿泊の一押しです!ホテル内の庭園(葵殿庭園)もあるし、子ども向けアメニティも充実です。
赤ちゃん向け宿泊-ウェスティン都ホテル
ウェスティン都ホテル



ご参考になりましたでしょうか。
↓これからの励みに応援クリックお願いします。
人気ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

ありがとうございます(^^)

岡崎・蹴上 | 【2013-11-05(Tue) 23:31:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 子連れ京都観光 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。