スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

八坂の塔-法観寺(ほうかんじ)

八坂の塔へ行ってきました。東大路通りから入って八坂の塔が見えた瞬間は何度見ても感動してしまいます。

京都観光-八坂の塔

八坂の塔は正式には法観寺。聖徳太子により創建(創建については定かでない部分はあるそうですが平安京より前にこの場所にある歴史あるお寺です。)
何度も火災により焼失しましたが再建され現在の塔は1440年に再興されました。





かなり急な坂道ですが、お姉ちゃんが楽しそう駆けあがっていきます♪

京都旅行-子ども連れ-東山






塔の真下からもう1枚~。
この辺りは人力車や変身舞妓さんをいっぱい見かけます。

八坂の塔-法観寺

この日、初めて赤ちゃん連れで人力車に乗ってる観光客の方を見ました!
しかもベビーカーを人力車の後ろにくくりつけてありました。
周辺は坂も多いのでベビーカーも大変だし移動も兼ねて赤ちゃん連れで人力車に乗るのもいいですね~。





八坂の塔は外観が有名ですが実は中も拝観出来るんです。
2層目まで上れて京都の町を眺める事ができます。

…が、中学生以下不可。
中は急な階段で子どもは危ないので仕方ありません。

法観寺拝観-子ども不可
(クリックで拡大)





訪れたのは11月始めの土曜日。まだ紅葉シーズン真っ只中でないし高台寺でも寄れたら…と思ったのですが、
2寧坂の辺りから人人人…。結局、二年坂を少し北へ進んだところにあるジブリショップだけ行って引き返しました^^;
ジブリ好きの子どもたちは満足していましたが。

ねねの道-ジブリショップ-トトロ

やっぱり秋の東山は大混雑です。
帰りに寄った安井金毘羅宮では縁切り石にくぐるのに40分待ちの列が出来てました。
そろそろ紅葉シーズンで京都はさらに混雑すると思いますが、
我が家は来週末くらいから穴場的な場所を訪れたいと思っています。
順次アップしますので当サイトにまたご訪問頂ければ幸いです。





そして、帰りに坂の上からもう1枚八坂の塔を撮影。
坂の上からは撮影スポットです。
参拝はできなくても、八坂の塔の外観を見せて頂くだけで京都らしくて満足でした。

法観寺-写真スポット-赤ちゃん連れ

東山界隈は交通の便が少し悪いので、ご旅行であればお値段はやや上がりますが東山界隈に宿泊されると朝からゆったり京都らしい東山観光が出来ると思います。



■子連れおすすめポイント■
大人も子供も塔を見た瞬間の喜びは大きいです。
周辺はお土産屋さんも多いので飽きません。

■子連れ注意ポイント■
東山界隈は交通の便が悪いのが難点。
ベビーカーなら観光しながら京阪祇園四条から歩いて行くのもいいと思います。
(運動不足な私は足が痛くなるほどの距離ですが、見るところは多いので飽きないです。)
子どもが歩ける年齢なら混雑はしますがバス利用となると思います。


観光向け:★★★★★
子供向け:★★☆☆☆
幼児向け:★★☆☆☆


八坂の塔拝観
【時間】午前10時~午後4時
【料金】400円
【定休日】不定

【駐車場】なし
【駐輪場】なし
【最寄り駅】
京阪本線「祇園四条」駅徒歩25分
京都市バス「清水道」徒歩5分

【周辺の観光地】高台寺、清水寺、八坂庚申堂、安井金毘羅宮

※トイレは安井金毘羅宮(徒歩10分)でお借りしました。
※周辺でおむつ替え出来る場所は八坂神社、清水寺。
※駐車場は東大路通り周辺パーキングありですが混みあいます。
※自転車は止める場所はほとんどなく坂がきついです。

【八坂の塔周辺地図】

大きな地図で見る

住所:京都市東山区八坂上町388
電話番号:075-551-2417


【八坂の塔周辺のおすすめ宿泊施設】
人気の一棟貸切のお宿。お子様向けプランもあり。
赤ちゃん連れ京都旅行-望庵
京 高台寺 八坂塔の下 望庵


ご参考になりましたでしょうか。
↓これからの励みに応援クリックお願いします。
人気ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

ありがとうございます(^^)

祇園・東山 | 【2013-11-11(Mon) 01:22:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 子連れ京都観光 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。